変化する住へのこだわり 過去現在
変化する住へのこだわり 過去現在

嫁入り道具

昔は嫁入り道具として、家具をそろえたようです。
婿側が家を用意して、嫁側が家の中に必要なものをそろえるという具合でしょうか。
しかし、今では事情がだいぶ変わってきたように思えます。
最近の家では収納棚やクローゼットが取り付けられていることも多くなり、家具を買う機会が減りました。
高級家具を買ってしまうと、捨てるに捨てられない状況になるようです。
普通は結婚前に結納をすませ、結納金をもらうと思います。
その結納金で住まいに必要なものをそろえていきます。
しかし、普通結婚後すぐは賃貸マンションやアパートに住むことが多く、その後引越しをすることがほとんどです。
ですから、結納金をすべて使って必要と思えるモノを買っても、引越しの時にいらなくなったり、邪魔になってしまったりする場合があります。
今はモノがあふれており、便利なものがたくさんあります。
しかし、生活していくうえでそれらすべて必要な訳でなく、結局ゴミになってしまうものも少なくありません。
ですから、特に新婚さんはとりあえず必要最低限のモノだけそろえて、その後は生活しながらそろえていくのが一番でしょう。
今の嫁入り道具として必要なものは何でしょうか。
特にこれというモノはないかもしれません。
家電はいくらか必要でしょう。
ダイニングテーブルやキッチンまわりのモノも必要でしょう。
大事なのは結婚する当事者がよく話し合うことです。
そして、親の意見もよく聞くことです。
古いしきたりを重んじる地域もあります。
親の意見は絶対ではないかと思いますが、最初に関係を悪くしてしまうとあとで修復に時間がかかるので、譲歩が必要な場合もあるかと思います。
引越しがある場合は大きな家具を買わないほうがいいでしょう。
また、最近は結納をしないカップルも増えているようです。
そうなると、二人がよく相談して必要なものをそろえていく必要があります。
結局はだいたい折半になっているか、男性側が少し多く負担するのかになっていると思います。
いずれにせよ、人生の一大イベントの結婚で最初につまずかない様にすることが大事です。
昔ながらのしきたり、習慣にはそれなりの意味があったことと思います。
それを守るかどうかはそれぞれが決めることです。
守るのもよし、守らないのもよし、それが日本人の良さではないでしょうか。
嫁入り道具がタンスなどの家具だったのは過去の話です。
今の住まいに合った、自分たちに必要なものをそろえればいいのではないでしょうか。

Copyright (C)2017変化する住へのこだわり 過去現在.All rights reserved.