変化する住へのこだわり 過去現在
変化する住へのこだわり 過去現在

家は資産となるか

賃貸物件にお金を払っても自分のモノにならないが、マンションや戸建てを買ったら自分のモノになるので得だという人がいます。
住宅関係のチラシを見ると家賃を払う感覚で家を買えるというようなことが書いてあります。
確かに、ローンを払い終われば、自分のモノになりますが、払い終わるまでは借金のままです。
消費税増税を来年に控えて、住宅購入を検討している人も少なくないと思います。
貯蓄も十分にあり、頭金もしっかり払うことが出来、無理なく返済できる人は購入して問題ないかと思います。
しかし、今の生活もギリギリで、増税に伴う生活費のアップも考えるとすぐには購入に踏み切れないという人も多いのではないかと思います。
住まいが資産となるかどうか、借金となるかは大きな違いです。
マンションであれば、公共費や修繕費などがプラスでかかります。
戸建ても同じです。
維持費がかかりますし、固定資産税もあります。
毎月ローン以外の支払いも少なくありません。
ですから、現実的に考えて、ローンを早い段階で返済することが難しいようであれば、あわてずに少し待った方がいいかもしれません。
確かに、親や友達も家を買うことを勧めることがあるでしょう。
職場の同僚から家を買った話を聞くと自分も買わなければいけないかと考えるかもしれません。
しかし、人は人です。
比較する必要はありません。
安い中古物件を購入してリフォームする人も少なくありません。
地震対策されている物件なら安心でしょう。
中古の戸建てであれば、耐震補強も必要かもしれませんので確認が必要かもしれません。
ただし、古いマンションを購入して、その後建て替えの問題が生じたら大変ですから、その点は購入前によく調査しておく必要があるでしょう。
中古マンションは資産価値が低いので、将来売却する可能性があるのであれば、やめたほうがいいかもしれません。
戸建ての中古も年数が経つと建物自体は価値が無くなり、評価額は土地代だけになります。
ですから、中古を買うのであれば、そこにずっと住むぐらいのつもりが必要と言えるでしょう。
資産価値はないと思った方がいいのです。
人生で一番大きな買い物が住宅と言いますが、衝動買いも多いとよく言われます。
慎重すぎると買えなくなってしまうのでしょうか。
家を選ぶのは難しい話です。
家を買って資産を手に入れたと考えない方がいいのかもしれません。
現金一括で買うことは難しく、ローンを使うことがほとんどだからです。
それでもマイホームは庶民の憧れではないでしょうか。

Copyright (C)2017変化する住へのこだわり 過去現在.All rights reserved.